犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

尿崩症

-症状- 異常な量の尿をする 水を大量に飲む。 犬の体重1Kgに対して1日100cc以上の水を飲むとき体重1Kgに対して、500ccの尿をする場合要注意です。

-原因- 抗利尿ホルモンがうまく働かない 体内の水分量に応じて、尿の量をコントロールしているのは、脳の視床下部でつくられて下垂体にためられる抗利尿ホルモンです。そのため、視床下部や下垂体
に腫瘍や炎症が起きると、尿の量をコントロール出来なくなる。

-対処- 視床下部・下垂体を正常に 脳や腎臓、副腎、肝臓などに原因となる病気があるときは、その治療を。使用中の薬が原因するときは投与を中止。水を制限すると脱水の危険があるので水はのませる事。

-かかりやすい犬種- すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved