犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

糖尿病

-症状- 水を大量に飲み、大量の尿を排泄する。体の衰弱。たくさん食べるのに、やせてくる場合は、注意が必要である。糖尿病の進行により、白内障、腎炎、抵抗力の低下を引き起こす。また、嘔吐、呼吸困難、脱水症状、ひどい場合は昏睡状態になることもある。

-原因- すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが悪かったり、分泌が少ないために、食後の血糖値が高い状態のままになる。すい臓の病気やウイルス感染なども原因するが、多くは食べ過ぎと運動不足、それによる肥満によるものである。

-対処- インスリンの働きが悪い場合は、一日の摂取カロリー量を制限する食餌療法が中心となる。インスリンの分泌量の低下の場合は、インスリンを注射で補充する治療法が必要となる。糖尿病の治療は、一生続けなければいけない。

-かかりやすい犬種- ゴールデン・レトリーバー、サモエド、ダックスフンド、ラブラドール・レトリーバー  

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved