犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

血液のがん

-症状- 発症した場所のリンパ節が腫れてくる。特に、あごの下に多く発症する。おなかの場合、下痢や嘔吐が現れる。胸の場合は、せきや呼吸の異常が見られる。白血病では、元気や食欲がなくなるなどの症状が出る。

-原因- 詳しい原因は、不明である。血液のがんには、悪性リンパ腫や白血病があります。ほとんどの犬は、悪性リンパ腫である。悪性リンパ腫は、あごの下、腋の下、股のつけ根などにあるリンパ節にできるがんである。

-対処- 手術はできないため、抗がん剤治療をおこなう。80%くらいの確率で腫れがひき、元気になる。周期的に、リンパ節に腫れがないかチェックすることが、早期発見につながる。白血病の場合には、効果的な治療法がない。

-かかりやすい犬種- すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved