犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

血小板減少症

-症状- 内出血が起きる。血液を固める為の血小板が不足するため、あちこちに小さな内出血が起き、
目や鼻の粘膜、皮膚に小さな出血の痕が出来る。重症の場合は、吐血したり血便や血尿、鼻血が出る。こうした出血のため、やがて貧血を起こすようになる。

-原因- 血小板が急激に減少し、出血しやすくなっている状態で、白血病や感染症などの病気によるものと、自己免疫により、血小板が攻撃されて起こるものがある。事故や抗がん剤が原因の場合もある。

-対処- 血小板の減少を抑える。原因となる病気があれば、治療を行うことで症状は和らぐ、しかし自己免疫が原因の場合は治癒は難しく貧血状態がひどいときは輸血を行う。

-かかりやすい犬種- すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved