犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

てんかん

-症状- 痙攣発作が起きる。急に手足を硬直させ、倒れてしまう。大きな発作のときは、体を反り返らせて、口から泡を吹いて意識を失います。その状態で足を痙攣させたえり、アゴをガチガチさせたりする。
最初の発作の場合なら、5分位まででもとの状態に戻る。

-原因- 神経細胞の変化が原因。 てんかん発作と呼ばれる発作を起こす病気。大脳にある前庭という場所の神経細胞が、変化することで起きる。脳の炎症や脳腫瘍、脳の奇形、脳の損傷、低血糖、肝臓病、腎臓病などが原因。

-対処- 抗てんかん薬を飲ませる(毎日) 病気の原因がわかれば、その病気の治療が優先。原因不明の突発性てんかんの場合は。抗てんかん薬を毎日に飲ませる。

-かかりやすい犬種- アイリッシュ・セター、ウェルシュ・コーギー、コリー、シェパード、シェルティ、ダックスフンド、ハスキー、パグ、ビーグル、プードル、、ボクサー

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved