犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

クッシング症候群

-症状- 多飲多尿になる お腹がふくれ、垂れさがり脱毛症状が現れる。ホルモンの影響で脱毛する場合は、体の両側が左右対称に毛が抜ける。他には、筋肉が萎縮する、異常に食べるなどの症状が出る。

-原因- 副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されている 分泌をコントロールしている脳の脳下垂体に、腫瘍ができることで起きる。副腎皮質(ステロイド)ホルモン薬が原因になることもある。

-対処- 副腎皮質ホルモンの働きを弱める薬を用いての治療をする。薬は一生必要になる。また、副腎皮質ホルモン薬の影響で発症している場合は、薬の投与を中止する。が、急にやめると危険な場合があるため徐々に減らしていきます。

-かかりやすい犬種- シー・ズー、ダックスフンド、ビーグル、プードル、ボストン、テリア、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved