犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

前立腺肥大

-症状- 肥大化した前立腺が周囲の組織を圧迫すると、症状が現れる。腸を圧迫すると便秘を起こしたり、尿道を圧迫すると、尿が出にくくなり、少量ずつだらだらと、何度も排尿するようになる。

-原因- 膀胱出口あたりの前立腺が肥大するのは、加齢により精巣の働きが低下し、精巣ホルモンが、正常に分泌されなくなることが、原因と考えられる。老犬に多く見られる。

-対処- それほの肥大化していない便秘なら、食餌療法で排便しやすくする。ホルモン剤を、体内に埋め込む治療法もある。大きな肥大の場合は、前立腺を摘出する手術を行うこともある。

-かかりやすい犬種- オスの高齢犬

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved