犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

乳腺炎

-症状- 急性の乳腺炎では、乳腺が熱をもったり、全身に発熱が見られる。しこりに痛みを感じ、触られると嫌がる。乳腺から乳が出ることもある。細菌感染していない場合は、早期に回復する。

-原因- 母乳を分泌する乳腺に、しこりができる病気であり、出産後の授乳期に、子犬がすぐ死んでしまったり、生まれた子の数が少なく、母乳が過剰に分泌されたときに起こることが多い。細菌感染で起こることもある。

-対処- 消炎剤を使うだけで、症状は、軽くなる。授乳中なら授乳をやめる。乳腺が熱をもっているようであれば、冷湿布すると効果的である。細菌感染が、原因であれば、抗生物質を使って治療する必要がある。

-かかりやすい犬種- 出産後、発情後のメス

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved