犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

肝硬変

-症状- 初期では、なんとなく元気がなくなり、少しずつやせていく。重くなるにつれて、食欲がなくなり、腹水がたまっておなかがふくれたり、黄疸が現れる。

-原因- 原因のほとんどは、慢性肝炎である。肝炎により肝細胞が傷ついたり破壊されて、肝臓に線維組織が増殖して変質していく。

-対処- 肝硬変を治すことはできない。そのため、症状をやわらげたり、進行を防ぐ治療を行う。糖分やビタミンが豊富な栄養価の高い食べ物を与え、安静を保つ。早期発見して、肝硬変を進行させないよう予防しておくことが大切である。

-かかりやすい犬種- すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved