犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

肛門嚢炎

-症状- 炎症や分泌物がたまってことで不快感があるため、犬はしきりに肛門をなめたり、後ろ足を前に出し、肛門を地面にこすりつけるようにして歩く、独特の動作をみせるといった症状が見られる。肛門嚢のふくらみは、見ただけでわかる。

-原因- 肛門嚢の分泌物は、排便のときに押し出されるが、出口がつまり多量にたまると、肛門嚢に細菌が感染し、炎症が起きやすくなることから発症する。

-対処- 肛門嚢にたまった分泌物や嚢を、外から圧迫することで押し出す。これを週に一回、三週間ほど行うと、ほとんど完治する。肛門嚢の分泌物が出にくい犬の場合は、飼い主が定期的にしぼりだすと、病気の予防になる。

-かかりやすい犬種- すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved