犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

心不全

-症状- 肺に水がたまる肺水腫を起こしやすくなり、呼吸が苦しくなり、激しいせきが出る。また、おなかや足がむくむ、おなかや胸に水がたまる、肝臓が腫れる、尿量が減る、下痢や便秘の症状が現れる。

-原因- 血液を全身に送る心臓の機能が、悪化して心不全が起こる。各種の心臓病が原因になったり、フィラリア症、肺の病気、あるいは他の病気や事故による出血などで、二次的に起こる場合もある。

-対処- 強心剤で、心臓の機能を強化したり、利尿薬でむくみをとったり、血管拡張剤で血管を広げて、停滞した血流を改善する。

-かかりやすい犬種- 心臓病にかかっている犬

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved