犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

外耳炎

-症状-かゆみの為、犬は頭を振ったり、耳をどこかにこすりつけたり、耳の後ろをひっかいたりする。炎症が進行すると痛みも出るので、触られるのを嫌がる。悪臭のする黄褐色の耳だれが出て耳周りの毛が汚れる。また、何度も外耳炎を繰り返すと外耳道にはれものが出き外耳道がふさがってしまい、聴覚障害が見られる場合もある。外耳炎を放置すると、炎症が中耳、内耳にまで広がる。中耳炎になると軟聴の症状、又は鼓膜に穴があいたりもし、内耳炎までいくと平衡感覚をつかさどる神経が侵され体のバランスがとれなくなってしまう。

-原因-垂れ耳や、耳にしわが多かったり、外耳道に毛が生えてるなど、耳に特徴をもつ犬は耳の換気が悪い為、耳の脂線や分泌物、外耳道の皮膚の垢などに外からのほこりなどが混じったもの、いわゆる耳垢がたまりやすく、それが外耳道の皮膚を刺激したり、細菌が繁殖する事により炎症が起こる。

-対処-炎症が軽ければ耳垢をていねいに取り除ければ治る。耳垂れが出ている場合、細菌感染している可能性があるので抗生物質での治療になる。また、外耳道がふさがってしまった場合、外耳道切開術という外科処置を行う。予防としては日頃からの定期的なチェックと耳掃除が大事であるが、掃除のし過ぎは逆効果になる。

-かかりやすい犬種-ゴールデン・レトリーバー、シェパード、ダックスフンド、パグ、バセット・ハウンド、ブルドッグ、ペキニーズ、マルチーズ、ミニチュア・プードル、ヨークシャ・テリア

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved