犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

耳血腫

-症状-耳介の内側がはれあがり、少し熱をもつ。耳を気にするしぐさもあり触れるのを嫌がる。たいてい片耳だけに起こるが両耳同時に現れることもある。

-原因-耳をぶつけたり、他の動物に噛まれたりなどで、耳介を傷つけると血液や血液の水分が耳介にたまる為ふくれあがる。また免疫の異常により血液成分が耳介にたまって起こる場合もある。

-対処-耳介にたまった血液などを、切開や注射器で吸い取り外に出す。感染予防の為、抗生物質や止血剤を注入し、きつく包帯で液がたまらないよう圧迫する。犬が耳に触らないよう注意する。

-かかりやすい犬種-すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved