犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

結膜炎

-症状-涙や目やにが多くなり、かゆみも出てくるので目をこすったりひっかいたりする。その為目の周囲は、ぬれたり汚れたりする。まぶたを裏返すと赤く充血しやがてまぶたも腫れてくる。ほっておくと視力に影響する事もある。

-原因-結膜は外界と触れる為細菌や異物がつき、目をこすることにより炎症がおきる。その他ウイルス感染、乾燥などの刺激、花粉などのアレルギー、外傷なども原因となる。冬場は空気が乾燥する為よく見られる。又、目が大きい犬なども注意がいる。

-対処-原因によりそれにあった処置を行い原因を取り除く。異物などがあればそれを取り、炎症を抑える薬を点眼する。感染の場合は抗生物質の点眼や軟膏を使用する。アレルギーでは抗炎症薬を使い治療する。また犬が目を触らぬようエリザベスカラーなどを用いる事も必要である。

-かかりやすい犬種-シー・ズー、シュナウザー、ダックス、チワワ、パグ、ブルドック、ペキニーズ、他

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved