犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

白内障

-症状-白内障は目の瞳孔の中が白く濁ってくる。濁りが進むとともに視力が低下し、よろけたり、物を見失ったりする。ただ白内障はゆっくり進行していくので、目の濁りがひどくならないと気付かない事もよくある。

-原因-白内障は目の水晶体の部分のたんぱく質に変化が起こり白く濁ってくる。老化により起こる事が多い。6歳になるまでにかかった場合は遺伝的なことが係わっていると考えられる。その他の原因としては、糖尿病やけがをした時、またホルモンの異常、中毒などによっても起こる場合もある。

-対処-薬を使用して進行を抑える。濁りがひどく進行していまった時は水晶体の摘出手術を行う。その場合はものが見えにくくなり犬の生活でも飼い主のサポートが必要になったりもする。

-かかりやすい犬種-ゴールデン・レトリーバー、シェルティー、ダックス、ビーグル、プードル、老犬

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved