犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

緑内障

-症状-緑内障は目の色が緑や赤に変わるのが特徴である。症状が進むと神経が圧迫されたりする為、視野が狭くなり視力の低下になる。その他目が痛くなり泣き叫ぶ場合や目の充血、眼球が大きく飛び出したような症状が出たりもする。そして進行していくと失明する場合もあるので早期に発見する事が大事である。

-原因-緑内障は目の中の眼圧が高くなり起こる。眼圧があがる原因は角膜と水晶体の間を満たす液体がその周りの組織の異常により増えてしまう為である。

-対処-薬を使用し液体を排出させる。それで眼圧が下がらなければ手術を行う。片方の目に起こると反対側もなる可能性もある為定期的に検査が必要である。

-かかりやすい犬種-アメリカン・コッカスパニエル、ウェルシュ・コーギー・ペンプローグ、チワワ、ビーグル、他

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved