犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

鼻炎

-症状-軽い場合、くしゃみと水のような鼻水が出る。この場合犬はよく鼻水をなめるので気付かない事がよくある。ひどい場合は、血の混ざったようなものや、濃い鼻水になり常にたらしていると鼻がただれてよくこすったりするようになる。鼻炎が続くと鼻づまりや炎症などで呼吸がしにくくなり、口呼吸やまたゼーゼーと苦しそうに呼吸をするようになる。

-原因-多いのはウイルス、細菌などによる感染である。また、ほこり、花粉などのアレルギー反応によっても起こる鼻炎が増えている。その他、鼻の中の腫瘍や骨折した時、歯の化膿などにっよっても起こる場合もある。

-対処-鼻炎が軽い場合は抗生物質、抗炎症薬などの薬でよくなる。その他の場合は原因が何かを突き止めその原因を取り除く必要がある。

-かかりやすい犬種-すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved