犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)

-症状-日頃から鼻をグーグーならして呼吸していたり、鼻水がよく飛ぶ。運動時や興奮時には空気をたくさん吸えず酸欠になり舌の色も紫色になったりする。犬の鼻を見てみると鼻が押し潰されたような形に見える。

-原因-先天的に鼻腔が狭くなっていることから起こる。

-対処-日常生活で支障がある場合、鼻腔を広くする手術で治る。飼い主が早く気付いてあげるためにも他の犬と鼻を見比べ鼻腔が狭く押し潰されていないか確認するとよい。

-かかりやすい犬種-シー・ズー、パグ、ペキニーズ、小型犬の短頭種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved