犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

歯周病

-症状-歯周病は歯肉の炎症、出血から進行すると歯肉に膿がたまり、口臭、腐敗臭が強くなる。よだれの量も増え、歯の色も茶色に変わり歯肉が萎縮して歯の根元が見えてくる。そうなると歯はぐらぐら動揺しこのころになると餌が食べづらい為時間がかかり食欲が減ったように見える。膿がどんどん溜まっていくと目の下から膿が出ることもある。歯周病の進行を放置していると全身に細菌がまわり他の病気を起こす原因にもなる。

-原因-歯にたまった歯垢や歯石をそのままにしておくと細菌が増殖し炎症を起こす。炎症を改善しなければ、どんどん悪化し歯肉や歯そのものを徐々に侵し進行していく。糖尿病や体調不良の時などにかかりやすかったりもする。

-対処-歯垢、歯石、または膿も除去し細菌の増殖を防ぐよう抗生物質を投与する。また歯に歯垢などが残りにくくする為に歯のクリーニングや消毒、日頃からの念入りなブラッシングが必要である。歯が動揺してしまう、また目の下から膿が出てくるまで進行してる場合は、それ以上悪化しないように定期的な治療が必要だがなかなか改善は難しく、抜歯することもある。日常でのケアで予防することが重要である。

-かかりやすい犬種-すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved