犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

口内炎

-症状-口の中の粘膜に発疹、潰瘍ができたり、ただれたりいろいろな症状がある。また、よだれが多くなる、口臭が強くなる場合もある。原因が病気などである場合、微熱や食欲がなくなるといった症状、また口のあたりを足でかいたりもする。

-原因-口の中の粘膜を傷した時、糖尿病、感染症、ビタミン不足などの病気が原因の場合もある。もちろん虫歯や歯周病により起こることもある。体力が低下している時は抵抗力も下がり口内炎にかかりやすかったりする。

-対処-原因に応じて治療を行う。感染を起こしてる時は抗生物質を投与し炎症を抑える。また口内炎そのものに消毒薬、消炎剤を塗布するのも効果的である。病気によるものであればその病気を改善しなければならない。痛みが出る場合もあるので食事は消化のよいやわらかいものなどで工夫も必要である。日頃から口腔内を清潔に、ブラッシングが重要である。

-かかりやすい犬種-すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved