犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

アレルギー性皮膚炎

-症状-アレルギー性皮膚炎はかゆみが強く犬がひっかいたり噛んだりする為、皮膚が傷つき出血や潰瘍が出来たり、悪化すると脱毛したりもする。最初は皮膚炎の種類によって症状が出る部分も違うが進行とともにどの皮膚炎も全身に広がる。

-原因-アレルギー性皮膚炎は種類によって原因も異なる。ほこりやカビ、花粉などを口から吸い込むと起こるアトピー性皮膚炎や、食べるものが原因となる食物性アレルギー、ノミアレルギー皮膚炎はノミが原因であり、アレルゲンに触れる事で接触性皮膚炎になる事もある。

-対処-アレルギー性皮膚炎はアレルゲンを除去すれば改善される。ただ、それを特定、完全に除去するのは困難でもあり薬を用いて対処するのがよい方法である。患部の場所や症状によって使用される薬は変わってくる。かゆみを抑える抗ヒスタミンや炎症を抑える抗アレルギー薬、ステロイド薬も効果がある。

-かかりやすい犬種-ウエスト・ハイランド、ホワイト・テリア、ゴールデン・レトリーバー、シー・ズー、シェパード、柴、ビーグル、ラブラドール・レトリーバー、ボクサー、コッカー・スパニエル、他

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved