犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

膿皮症

-症状-膿皮症は軽ければ皮膚が赤くなったり発疹程度だが皮膚の奥まで感染すると膿が出たり熱がでたりもする。かゆみが強くひっかいたり噛んだりすることで脱毛する。唇の下、しわの間などに起こりやすい。

-原因-皮膚の傷口から細菌が侵入し毛穴で増殖するため炎症を起こす。また蚊に噛まれた後にも感染する場合がある。病気や体力が低下している時、他の皮膚病がある場合なども細菌が増殖しやすく気をつけなければならない。

-対処-軽度の場合は薬用シャンプーなどで清潔にすれば有効である。進行しているなら抗生物質を用いて治療を行う。日頃から皮膚の手入れを心がけることが大事である。

-かかりやすい犬種-イングリッシュ・セッター、コッカー・スパニエル、ブルドッグ、ペキニーズ、他

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved