犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

狂犬病

-症状-狂犬病の症状は最初は食欲不振や暗い場所へ隠れるなどの行動異常だが、のちには2つに分かれる。よだれをダラダラ流し、凶暴になり興奮が続いて死亡する狂躁型と、筋肉のまひが続き、昏睡となり死亡する麻痺型である。潜伏期間は2~6週間ほどである。

-原因-狂犬病のウイルスは発病している動物の唾液にあり、それがかみ傷などから体内に侵入し感染する。感染すると中枢神経が侵され症状がでる。

-対処-犬が凶暴になる為、隔離する必要がある。感染してしまうと現状は治る方法がまだない為、治療は行わず安楽死させるのが原則である。予防としてワクチンの接種を年1回受けることが重要である。

-かかりやすい犬種-すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved