犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ジステンパー

-症状-ジステンパーに感染すると1週間以内に症状がでてくる。最初は食欲不振、熱で風邪と間違いやすい。これが2,3日続いて一旦熱が下がったりする。免疫力のある犬はここで治ることもあるが免疫力の弱い子犬や老犬は細菌などに二次感染を起こし症状がひどくなっていく。こうなると嘔吐、げり、てんかん、けいれん、凶暴化、まひ、その他感染していく場所によってさまざまな症状が現れ治療のすべがなくなり安楽死を考えなければいけなくなる。

-原因-ジステンパーウイルスに感染した犬から、くしゃみの空気を吸い込んだり、間接的に触ったりしても体内に侵入し臓器、脳、全身に広がる。

-対処-初期のうちに治療できるよう病院に入院する。二次感染しないよう症状にあわせて抗生物質やステロイド剤、ビタミン剤などを投与する。けいれん、まひがある場合も抗てんかん薬などを用いたりするが有効な治療はなかなかない。年1回のワクチン接種で予防することが重要である。

-かかりやすい犬種-生後1歳未満の子犬

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved