犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ケンネルコフ

-症状-ケンネルコフは乾いたせきがまず特徴的である。運動や興奮時、気温が変化した時、ひどくなり発作的にせきをするため喉に何か詰まっているように感じる。軽ければ微熱だけで元気はあるが抵抗力が低い時は症状がひどくなり高熱、膿のような鼻水が出て食欲もなくなる。肺炎になる場合もある。

-原因-パラインフルエンザなどのウイルスや、マイコプラズマなどの微生物、細菌などに感染した犬のせきやくしゃみから感染する。名前のとおり、ケンネル(犬舎)などで集団飼育されている場所で起こりやすい病気である。

-対処-細菌、微生物が原因の場合、抗生物質を吸入器を用いて治療するとよい。ウイルスが原因の場合、抗生物質は効果がなく、せきを鎮める薬で治療する。年1,2回のワクチン接種を受け予防することが重要である。

-かかりやすい犬種-抵抗力の弱い子犬、高齢犬

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved