犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

パルボウイルス感染症

-症状-症状としては2通りある。激しい嘔吐と下痢、重症時には血液の混じった便と悪臭があり脱水症状を起こしショック状態になる腸炎型と、さっきまで元気だった犬が突然悲鳴をあげ、嘔吐や呼吸困難を起こし30分以内に死亡してしまう心筋型がある。

-原因-イヌパルボウイルスに感染した犬からそれらに汚染されたものに接触することによって鼻や口から感染する。子犬の場合心筋が感染することが多い。

-対処-ほかの犬に感染しないよう隔離が必要である。輸液や酸素吸入で脱水症状を防ぎ体力の回復につとめる。ウイルスに有効な抗生物質はないが、細菌に感染しないよう抗生物質を投与したり嘔吐を抑えるために絶食するとよい。汚染されたものは、次亜塩素酸ナトリウム溶液で接触したものすべて消毒を行う必要がある。死亡率も高く、年1回定期的にワクチン接種で予防することが重要である。

-かかりやすい犬種-生まれてまもない子犬、離乳期以降の子犬

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved