犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

フィラリア症

-症状-最初は運動をすると咳をする程度だが進行していくとひどくなり、息切れで散歩を嫌がったりする。また、フィラリアが心臓の寄生した場所によっては急激に体調が変化し呼吸困難、黄疸などが起こり場合によっては死に至る事もある。

-原因-フィラリアが犬の体内の血液中にミクロフィラリアを産むが成長できない為蚊に吸われて蚊の体内で成長後、蚊が犬を刺すことにより傷から犬の体内に侵入し心臓に寄生する。寄生しているフィラリアが50匹ほどになると症状が現れる。

-対処-フィラリアを薬や手術により除去する。蚊が発生する時期には薬を用いて予防し感染を防ぐ。感染後に予防薬を使うとショックに怠る場合もあり使用時には感染していないか確認することが大事である。

-かかりやすい犬種-予防薬を飲んでいない犬

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved