犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

回虫症(かいちゅうしょう)

-症状-回虫は2種類で、「イヌ回虫」と「イヌ小回虫」があり症状も違う。「イヌ回虫」は、食欲不振、嘔吐、下痢、貧血などが起こる。またイヌ回虫がたくさんあるとかたまって腸で詰まり、腸閉塞や毒素によってけいれんなどの発作や呼吸器障害を起こすこともある。妊娠中の犬が感染した場合胎盤から子犬にも感染し生まれてもすぐ死亡することもある。一方「イヌ小回虫」はよく観察すると、食欲にむらや軽い嘔吐、下痢、また発育の状態が悪く痩せたり、毛づやが悪くなるのも特徴である。

-原因-感染した犬の糞の中にある卵が口に入ると感染する。体内の卵は小腸でふ化し、「イヌ回虫」の場合、気管型移行と全身型移行の2パターンの異なったルートをたどる。「イヌ小回虫」は体内を移行することはなく胎盤感染もない。

-対処-体内の寄生虫がいなくなるまで、駆虫薬を用い駆除を続ける。また回虫の卵は高温、乾燥に弱く犬の周りを日当たりや風通しのよいようにしておくのもよい。

-かかりやすい犬種-胎盤感染した胎子、子犬は重症化しやすい

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved