犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

鉤虫症(こうちゅうしょう)

-症状-子犬の場合、食欲不振でやせる、下痢、血便、貧血、腹痛が現れる。また胎盤感染した子犬などは症状も重く衰弱し貧血がひどく死に至る。成犬の場合はあまり重症化せず慢性てきな貧血や下痢、毛づやが悪くなるなどの症状がでる。高齢犬で抵抗力がない場合感染すると症状も重くなり死亡することもある。

-原因-感染した犬の便の中に卵がありふ化した幼虫は土の中で生息する。その幼虫を犬が口にしたり、また皮膚や毛穴から侵入したりあるいは母体の胎盤感染したりし感染する。幼虫は体内の小腸で鋭い牙で血を吸い寄生する。

-対処-寄生虫が完全にいなくかるまで駆虫薬で駆除する。重症であればそれにあった治療や輸血、輸液などをし体力を回復させる。再感染しないよう犬の周りを清潔にすることも重要である。

-かかりやすい犬種-子犬、幼犬は重症化しやすい。

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved