犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

副鼻腔炎

-症状-最初はくしゃみと鼻水程度だが進行すると膿のような粘りのある鼻水になり鼻が詰まり呼吸もしにくくなる。膿が鼻に溜まると鼻が膨らんだり固く膨らむこともある。また、鼻が痛くなったり結膜炎を起こしたりし顔を頻繁にこする動作が現れたりもする。

-原因-鼻炎が慢性化したりすると炎症が広がり症状が出る。副鼻腔炎は悪化すると膿がたまり蓄膿症になる。また口の中の上の歯が歯槽膿漏などの炎症を起こすことにより副鼻腔炎になることもある。

-対処-原因となっている炎症の治療を行う。薬で効果がなければチューブを挿入し直接膿や炎症を洗浄除去する必要もある。鼻炎が長引いたり放置しないよう日頃からの鼻の健康管理が重要である。

-かかりやすい犬種-すべての犬種

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved