犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

-症状-まぶたが内側に巻き込んでるためまつ毛も目にあたり目やにや涙が増える。また犬が目をこすったりして刺激もあり角膜炎、結膜炎にかかりやすくなったりする。

-原因-先天的にまぶたが内側に巻き込んでいるために起こる。また外傷などによりまぶたが変形して起こる場合もある。

-対処-内反が軽ければ、まつ毛の手入れや治療により改善されることもあるが重度の場合は手術を行い内反を治療しなければ治らない。

-かかりやすい犬種-アイリッシュ・セター、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル、グレート・ピレネーズ、コッカー・スパニエル、シャー・ペイ、セント・バーナード、チャウ・チャウ、ブルドッグ、ポインター、ラブラドール・レトリーバー、他

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved