犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

-症状-まぶたがめくれている為、犬は目を気にし、目やにや涙が多くなる。目が露出しているので乾燥したり感染により結膜炎や角膜炎にかかりやすい。

-原因-先天的にまぶたの外側がひっくり返っているために起こる。たいてい下まぶたがめくれている。また、結膜炎の炎症によるまぶたの腫れや外傷による顔面まひなどが原因の場合もある。

-対処-結膜炎を治療すると外反の状態がよくなったりする。重度の場合手術によりまぶたの治療を行う。

-かかりやすい犬種-イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル、グランバー・スパニエル、コッカー・スパニエル、セント・バーナード、バセット・ハウンド、ブラック・アンド・タン・クーンハウンド、ブルドッグ、他

Copyright © 2006 愛犬の病気辞典. All rights reserved